寝ても覚めても

寝ても覚めても

君も私もただのオタク

【ライブレポ〜心の叫び〜】加藤和樹 3/3FC限定LIVE 新宿BLAZE

3月3日のひな祭り、この日は加藤和樹FC限定ライブ 「Thanksgiving of VOICE vol.1~OTONA NO HINAMATSURI~」に参加してまいりました。

 

 

楽しかったと言えば楽しかったし、

楽しくなかったと言えば楽しくなかった。

 

 

これは今回に限った話ではないのですが。

・・・あの、いい加減、和樹さんが喋ってる最中に大きな声を出してアピールするのやめませんか。

和樹さんが話し出すより先に、お客さんの方から無理やり話題を振るのやめませんか。

和樹さんの話、途中で遮るのやめませんか。

 

私はお客さんの声を聞きに来てるわけじゃありません。

和樹さん(とバンドメンバー)の歌とトークを楽しみに来ています。

 

軽い独り言のつもりでも、周りにはしっかり聞こえています。

ライブそのものは楽しかったはずなのに、それを思い出せないくらいには今回相当ストレスが溜まってしまいました。

 

とは言えわたしも出来た人間ではないので、きっとどこかしらで誰かに迷惑かけてるだろうし、嫌な思いだってさせてるかもしれません。なのであまり偉そうなことを言えた立場ではないし、申し訳ない気持ちも多分にあるのですが・・・

でもライブだけは、みんなで気持ちよく楽しんで、気分よくなって帰りたいじゃんって思うんですよね。きっと誰しもが大切にしてる場所だと思うから。

 

以上、心の狭い人間によるクソみたいなボヤキでした。

 

 

セットリスト

con・fu・sion~心の叫び~

I'll be there

東京ダイヤモンド

ひとりじゃない

Venom

君をのせて(ラピュタ主題歌)

もう一度キスしたかった(B’z)

ultra soul(B’z)

奇跡(さだまさし

夢を叶えてドラえもんドラえもんOP)

B・BLUE(BOØWY

Dreamin'(BOØWY

君はFragile

僕らの未来~3月4日~

season

Myself

LADY GO!!

Hang Glider

灼熱フィンガーでFEVER!

Heart Beat

Laugh & Peace

VOICEFUL WORLD

to you

 

 

感想

このライブの目玉はやはり、鎌苅健太くん(ケンケン)がゲストで来たことでしょうか。

ケンケンも大好きだという、和樹さん作詞曲の「僕らの未来~3月4日~」を2人で披露・・・なんという贅沢。

ただこれの前の重大発表が個人的に尾を引きすぎて、この場面をあまり覚えてないのが残念。

「僕らの未来」の舞台化が発表された時、ほとんど何も情報が出てこなかったので、勘違いしいのわたしは「(もしかして、和樹さんが脚本・演出なのか…!?)」といらん心配をしちゃったんですよね笑笑

いやぁ、ほんとにいらん心配でした。

 

テニミュ曲の「season」ではケンケンが終始ノリノリで共演者の物真似をしたり当時の振り付けをしたりと、本当にファンサービスが旺盛な方なんだなぁ・・・と脱帽しました。

ラジオとか聞いててもわかるけど、お客さんに楽しんでもらおうとする精神がすごい。本人もずっと楽しそうに笑ってたしね。めちゃくちゃ癒された。

いやー、ケンケンいいなぁ。

 

他に記憶に残ってるのは、「君はFragile」がBOØWYの曲に似てる、というくだりからの、B・BLUE→Dreamin'→君はFragileの流れ(笑)

歌い終わった和樹さんの「だからBOØWYじゃねぇ!」というツッコミまで含めてとても面白かったです(笑)

それにしても、和樹さんの声と歌い方はBOØWY曲と相性が良い!と感じたので、他の曲も是非聞いてみたくなりました。

 

ライブ後半はLADY GO、Hang Glider、灼熱、といういつもの定番曲。

盛り上がる曲っていったらこの辺ですよねー!

個人的にはここに準・定番みたいな曲も入ってくれればなぁ~と思います。

例えばどれだよって言われたら困るけど・・・Carnationとかシュールなビートとか?(シュール~はマイナー寄り?)

あ、でも最近では珍しい東京ダイヤモンドとVenomを冒頭にフルで聞けたのはうれしかったです!あと「SPICY BOX」全曲披露も!

やっぱりライブの度に ”いつもと違うセトリ” を期待してしまうのですよね・・・。

 

告知コーナーでは7月に、久しぶりのフルアルバム「ULTRA WORKER」をリリースすることを発表。

ウルトラwwwワーカーwww

と思わず笑ってしまいましたが、シャレにならんくらい働いてますよね和樹さん。

話のタネにもなるし良いタイトルだと思います。

秋ライブも10/27から始まるみたいで、あれ?タイタニックはどうなったの?と混乱してしまいました。

ファンも割とウルトラワークしてる人が多いから、いつ休めばいいのかわかんないね。休めるときにちゃんと休もうね。わたしはもうちょっと働こうね。

 

 

総括としては、FCライブといってもゲストがいたこと以外は普通のGIGライブとあんまり変わらないんだなってことですね。

ファンにしか話せない話があったわけでもなく、違う試みがあったわけでもなく。

KKstationに比べたらお便りコーナー短くてよかったけど、せっかくのファン限だからやっぱり和樹さん自身のお話ももっと聞きたかったなぁっていう思いもあるにはある。

けど、あくまで  ””ライブ”” なんだから、きっとこのスタンスでいいんだろうなぁ。

全23曲、歌をたっぷり聞けてよかったです。

練習時間とか短かっただろうに、どの曲も声がすごく出ていて、何を聞いても「歌い慣れてる!」と感じられました。

カバー曲もただカバーしてるだけではなく、なんていうか和樹さん色みたいなものも感じて、聞いててとても楽しかったんです。

先ほどケンケンについて「楽しんでもらおうとする精神がすごい」と書きましたが、和樹さんもきっと方法は違えど同じ気持ちなんだろうな、と思ったりしました。

 

FCライブにイベント、トークショー

いろんな形態の現場を用意してくれていて、嬉しいしありがたいですね。

なかなか無いと思う、この手厚さ。

そのうちFC限定舞台とかできたりして。ないか。

っていう冗談は置いておいて、今後も様々なフィールドで活躍する和樹さんを見れたらいいなと思った次第でした。

 

全てが色めく 和樹といると

きっとお前も同じだろう

 

 

あ、大事なこと書くの忘れてた!

和樹さんまだ茶髪でした!!!! (興奮)

 

f:id:kryymk:20180316140412j:image

 

(FCライブのレポって書いてええの?って方もいると思うんですけど、去年のトークショーレポがええんならこれもええやろっていう単純な考えであげちゃいました)

(ダメだったら速攻削除します、うす)