寝ても覚めても

愛はある

加藤和樹入門

突然ですが、私は加藤和樹が大好きです。

 

歌手・俳優として活躍している彼は、この芸能界で生きているとは思えないほど、中身がいたって普通の人。とても純粋で真っ直ぐで、不器用ながらも懸命に上を目指そうとしている。そんな彼の実直な生き方は、自らが作る歌詞や演技にも反映されており、知れば知るほどますます好きになっていきます。

 

最近では大きなミュージカル*1の主演を務めたり、声優として参加している作品*2がアニメ化したりと、以前よりもちょっぴり注目度が上がってる・・・のかな・・・?という気がいたします。たったこれだけのことでも、もう自分のことのように嬉しい。欲を言えば、そこからファンになる人が増えてくれたら、もっともっと嬉しい!!

 

と言うわけで今回は、最近和樹さんに興味を持った方の背中を少し押させていただきたく思い、記事を書かせていただきました。いわば案内板のような役割を果たせていれば良いなと思っております。かなり拙い文章で恐縮ですが、もしよければお付き合いください。

少々長いので目次をご活用くださいませ。

 目次

 

【1、基本事項】

最初はこの辺りが気になるのでは、という部分を纏めてみました。

 

○ファン層について○

意外かもしれませんが、和樹さんのファンの年齢層はとっても幅広いんです!学生服のままライブに来られる方もいれば、なんなら私の母(60代)だって参加してます。和樹さんご本人も年齢とか性別とか見た目とか気にされない方だと思いますので、平等に接してくださいます。 ファンの方も優しい人が多いと思います。ちなみに私は舞台もライブも一人で参加することがほとんどですね。ぼっち万歳。なので一人参加でも、全く臆することはございません!女性ファンがほとんどですが、たまに男性の方が握手会やライブに来られるととても喜んでおられるように見受けられます。

 

○ライブについて○

現在、GIGと呼ばれるものと、KK-stationと呼ばれる2種類のライブがございます。その違いは以下の通り。

GIGライブ→オールスタンディングのガンガンアゲアゲ系ライブ。本人名義・JOKER名義の楽曲を歌います。最初は敷居が高いと感じられるかもしれませんが、後方スペースを陣取れば割と気楽に楽しめると思います。テンション上げて思いっきり騒ぎたい方におすすめ!定番曲*3はめちゃくちゃ盛り上がります。

KK-station→うって変わってこちらはアコースティックのまったりライブ。本人名義の曲に加え、ファンからリクエストされたカバー曲も歌います。なんとこのライブツアーでは、会場によって歌うカバー曲がまるっきり違うんです!着席指定席もあり、トークライブのように和やかな雰囲気で楽しめるので、初めての方も非常に参加しやすいのではないかと思います。過去に披露された曲で個人的にツボだったのが、「チャンピオン」「崖の上のポニョ」、「関白宣言」など(笑) 

 

○ニコ生について○

毎月第2月曜日に、ニコニコ生放送にて「ブギウギ★Night」という番組のMCを務めておられます。共演者にはKimeruさん、八神蓮さん。エチュードのコーナーなんかもあったりして、面白いですよ。男性同士のわちゃわちゃが見たい方に超おすすめ。5年以上も続いている長寿番組です。2017年7月に100回放送を迎えられました!(パチパチ

 

○ファンクラブについて○

加藤和樹ファンクラブ「VOICE」 年会費4200円+入会金1500円。

年に4回、充実の会報が届きます。舞台やライブなどの写真が盛りだくさんで、ロングインタビューや対談が掲載されることもあります。これだけでも結構元取れてる感あるのですが、それに加えて直筆サイン&名前入りのバースデーカードも毎年届いちゃいます!名前入りですよ名前入り!!お忙しい中、わざわざ自分の為にサインする時間を割いてくれたのだと思うと・・・ねぇ(涙) 他にもチケット先行(特典付き)やグッズ通販などもちゃんとありますので、入会しておいて損はないかと!

 

【2、おすすめ過去DVD】

過去作品、どれを見ればいいのかさっぱりわからない・・・という方におすすめしたい個人的セレクション。といっても定番のものばかりです。リンクはAmazonの商品ページに飛びますが、アフィリエイトとか一切やってないのでじゃんじゃんクリックしちゃってください。

 

-----ドラマ・映画-----

「インディゴの夜」・・・ホストの世界が舞台となっていますが、がっつりミステリードラマです。昼ドラなのに全くドロドロしていません。話数は多いですが30分ドラマですし、内容が面白いのでさらっと見れちゃいます。和樹さんはホストではなくマネージャーの役なのですがめっちゃかっこいいんですよこれが・・・。どこかぎこちないハーブティーの淹れ方は必見。

「乾杯戦士アフターV」・・・ヒーロー達の打ち上げ(飲み会&カラオケ)の場面だけを描いたというふざけた作品。和樹さんはイケメンだけどもボケボケなブルー役。ものすごく似合ってます(笑) 内容もかなりシュールでお気に入りのドラマ。 個人的には2期の方が好き。

「ホタルノヒカリ」・・・言わずと知れた有名作。綾瀬はるかさんの相手役をされてます。約10年前の作品なので、和樹さんもかなり初々しい。うちの母はこれを見て和樹さんに注目したらしいんですが、当時の私は藤木直人派でした。 

「ヴァンパイア・ストーリーズ(BROTHERS編)」・・・和樹さんが吸血鬼役という、もうそれだけで価値のある作品。シャワーシーンもあるよ。

「恋極星」・・・戸田恵梨香さんの相手役で、非常に美しいカップルでした。が、内容が辛すぎて私は1回しか見れてないです。和樹さん本人はめちゃくちゃ健康そうな見た目してるのに、こういう病気ネタで違和感ないのがすごいとおもう。

 

-----舞台-----

「ミュージカル テニスの王子様」・・・伝説の跡部様。公演の種類がたくさんあるのですが、関東氷帝(冬公演)と全国氷帝(凱旋公演)をオススメします。が、全国氷帝は事情により絶版状態。中古ショップ探したらあるかもです。何度見ても和樹さんが演じているように見えなくて、なんだか不思議な感覚です。これが"なりきり"力というやつなのか。

「SONG OF SOULS」・・・日本作のロックミュージカル。ストーリーや演出は人を選ぶと思いますが、歌がとっても良いんです。なんといっても和樹さん演じる天海様の声がめっちゃ優しくてたまらんのですよ・・・。たまにDVDセールしてたり無料配信してたりするので、その際にはぜひ・・・。ビジュアルも非常にツボです。

 

-----CD・ライブDVD-----

★ソロ名義★

ベストアルバム「K.Kベストセラーズ」・・・赤いジャケットが目印のA盤がとにかくオススメ!ライブ映像の入ったDVDが付いてて凄いボリュームです!もう何度繰り返し観たことか・・・。CDの方にはエイベックス時代の人気曲が収録されていますので、初めての方もこれ1枚で結構予習できちゃいます。

ベストアルバム「GLAMOROUS BEST」・・・こちらはポニーキャニオン盤ベスト。ポニキャ時代の曲も良いんですよねー。キャッチーな曲が多い印象。そしてジャケット写真がびっくりするほど美しい。

1stアルバム「Face」・・・2007年発売なので、声がめちゃくちゃ若いです(笑) これも好きな曲ばかりだなー。今回紹介したこの3枚で、もう大体の定番曲は網羅できるんじゃないかと思います。

ライブDVD

「Kazuki Kato 10th Anniversary Special Live“GIG”2016 ~Laugh & Peace~ALL ATTACK KK【DAY-1】」

「Kazuki Kato 10th Anniversary Special Live“GIG”2016 ~Laugh & Peace~ALL ATTACK KK【DAY-2】」

・・・一番最新のライブDVDがこちら。2016年7月に行われた全曲ライブの模様を、2枚に分けて完全収録。ものすごいボリューム!これ、個人的に一番好きなDVDです。歌がめちゃくちゃうまくなってらしてとても聴きやすくて、もうリピートが止まらない。

 

★ユニット名義★

ミニアルバム「JOKER」・・・加藤和樹と伊達幸志によるロックユニット"JOKER"のファーストミニアルバム。曲がめっちゃくちゃ良いのでオススメです。聴いてて体が自然と動いちゃう。

フルアルバム「OVER」・・・表題曲の「OVER」は和樹さん作詞曲。こちらも良い曲揃ってます。

ライブDVD「ALIVE Ⅰ」・・・JOKER唯一のライブDVD。JOKER曲を気に入ったら是非こちらも。歌も安定しててとても聞きやすいですし、ゲストのイデタクのラップにめっちゃテンション上がります。セットリストも素晴らしい。

 

【3、これは読むべし】

「ヒョウゲンシャノキモチ。Vol.1」・・・若手舞台役者のインタビュー集。内容の密度が濃く、読み応えバツグンでした・・・!本当は音楽をやりたいのに役者としての知名度ばかり上がっていったことによる葛藤、そこからの心境の変化、そしてファンに対する思いなど、たくさん語っておられます。このインタビューを読めば、和樹さんのパーソナルな部分が大体わかってくるのではないかなと思います。演出家の白井晃さんからのコメントもあり。本誌の撮影中にヒゲを剃るという新しい試み(?)のおかげで、おヒゲの渋い和樹さんとすっきり綺麗な和樹さんを同時に楽しめるというお得な1冊になっています。

 

【4、今後の予定(ざっくり)】

★10月~12月 ミュージカル「レディ・ベス」 再演(東京・大阪)

☆10月18日 ミニアルバム「SPICY BOX」発売

★2018年1月~2月 ミュージカル「マタ・ハリ」(大阪・東京)※W主演

★同年4月~ ミュージカル「1789」 再演(東京・大阪・福岡)※主演

 

【5、さいごに】

和樹さんは歌手・俳優業の他にも、様々なお仕事をしておられます。が、ファンだからといってその活動の全てを追わなきゃいけない、とは私は思っていません。音楽活動にしか興味のない方、舞台しか追っていない方、アニメは見ないという方など、存在して当たり前。私ももちろん取捨選択をしています。なので、一番気になった活動から追い始めて、余裕があれば他の活動も覗いてみて、自分に合いそうであれば視野・行動範囲を広げてみる・・・そんな感じでいいんじゃないかと思います。もちろん、色んな和樹さんを見れることが一番だと思いますし、どの和樹さんも本当に素敵なのですが、必死になりすぎたせいで冷めてしまうのでは元も子もないですから。和樹さんも言っておられるように、あくまで「自分のペースで」追いかけるのがいいんじゃないかと、個人的にですがそう思います。

 

和樹ファン生活、とっても楽しいですよ(^ ^)

このブログが少しでも、誰かのお役に立てることを願って・・・・・・。

ここまでご覧いただき、ありがとうございました!

 

 

■追記(7/25更新)
この記事を投稿してから1年以上が経ちましたが、今でも検索などから見に来てくださっている方もいるみたいで、非常に嬉しく思います。
コメントもとっても嬉しいです!返信の仕方がよくわからないため、この場にてお礼申し上げます。
もしよければ、今後とも当ブログをよろしくお願いいたします。

*1:ミュージカル「1789-バスティーユの恋人たち-」(4月-6月)

*2:B-project

*3:灼熱フィンガーでFEVER!、Vampire、BEACHなど